「キタン会」とは


1. 名古屋大学経済学部の沿革
 


大正9年(1920年)11月26日創立の官立名古屋高等商業学校が、昭和24年(1949年)の学制改革で新制名古屋大学経済学部に継承されて現在に至っている。


2. 「一般社団法人キタン会」とは


「一般社団法人キタン会」は上記両校卒業生の同窓会である。この会は、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により一般社団法人格を認定された学内でも唯一の同窓会です。また我が国に数ある同窓会の中でも、法人格を持つ同窓会はきわめて限られたものです。


3. 「キタン」の由来 


キタンは「其湛」。出典は詩経「小雅」篇に「子孫其湛、其湛日楽」とあるによる。意訳すると「子孫やよたのしやな、やよたのしやな、さてもたのしや」と音楽を奏で祖先をまつり、一族が相集まって楽しむ様を歌ったもの。これを我が同窓会名とした名付け親は開学の祖・文学博士渡邊龍聖初代校長である。


4. キタンの「マーク」の由来


同窓会員”K”をとりまく第一の円環は地球を象徴する。その外側の円環は銀河系を示し、さらに外側の円環は地球と銀河系を包括する宇宙である。従って、このメークは永遠の若さ、無限の発展進取、積極的な行動、協調的精神、活動的な調和の意識等が込められているといえよう。このマークはキタン会の「団結・親睦・発展」を象徴したもので、我々キタニアンが拠って立つべき倫理的精神がシンボライズされているのである。