1/12(土)キタン会新年祝賀会

第1部の新春講演会は工学研究科・宇宙工学専攻の森浩一准教授による「パーソナルフライトに関する最近の動向と将来の展望」を拝聴しました。
ドローンの急速な開発と共に、実用化もま近になっており、日本においても、2020年の東京五輪の開会式を目指して、トヨタの技術者らに名大も技術支援して「完全電動有人ドローン」の開発が進んでいるとのこと。新春にふさわしく夢のあるお話でした。
第2部のニューイヤーパーティで、鈴木武(S45)会長からは9月のMGCには鈴木亜由子(H26)さんを応援に行こうとの呼びかけもあり、宴半ばには、「ラヤ・リエルウンス」による華麗なベリーダンスショーが披露され、フィナーレには3人のダンサーが場内を周って参加者も一緒になって踊るなど会場は大いに盛り上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA