1/26(土)関西キタン会  臨時総会・新年講演会・懇親会を開催 

関西キタン会は臨時総会と恒例の新年講演会・懇親会を梅田近くの中央電気倶楽部(北区堂島)にて総勢29名の参加により開催しました。臨時総会では、規約の一部改定、新役員の選任などが全員一致で了承されました。新年講演会では、「長良川の鵜飼 伝統に生きる」をテーマに宮内庁式部職鵜匠杉山雅彦(S58)氏により、鵜飼の歴史、鵜飼の漁法、そして現在の課題、未来への願いついてわかり易く講演を頂きました。鵜匠の装束を纏われてのお話は家業として受け継がれておられて、観光としてではなく、鵜飼の技術を伝承していく厳しさも伝わり、興味深い講演会になりました。
 懇親会では、杉山講師への質疑が続き全員「鵜飼」の知識が拡がりました。余興として昨年の新年会で実施した「予想クイズ」の結果発表と表彰、そして名高商と名大学生歌「若き我ら」を参加者全員で斉唱し、盛会のうち閉会となりました。次回は5月に総会開催予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA