【緊急募集 】キタン会が、経済エッセイを募集します!!

昨年末に、「武漢で、新型肺炎発生」と新聞の片隅で報じられたコロナ感染は、あっという間に世界中に拡散し、 各地で都市封鎖という事態を招きました。
日本でも4月には非常事態宣言が出され、個人の移動が制限され、通勤や通学もできないなど社会的な活動の多くがストップするという事態に直面しました。
宣言は解除されても、7月には第2波が発生し、その後、一旦、落ち着きは取り戻りしたものの、
10月末から、全国的に感染者数は増え始め、冬に向かって感染拡大が危惧されています。
愛知県の大村知事は「第3波が来ている。(11月2日 記者会見)」と強い危機感を示しています。

当然のことですが、経済にも大きな影響がでています。
コロナは、観光・イベント、外食、運輸業などを直撃し、大きな打撃を与えました。
航空大手は巨額の赤字を計上しています。
「コロナは、社会の変容を促している」と、多くの識者は言います。
これまで、何度なく「もうすぐやってくる」と語られてきたリモート化は、企業でも学校でも一気に加速し、 ある部分では定着しつつあります。
消費者と事業者が、直接、接することのないサービスも随分増えました。
外食産業は、デリバリーやテイクアウトに力をいれ、「ウーバーイーツ」を見ない日はありません。 コロナが社会の変容を加速しているのは、間違いないようです。

「日本の経済は、コロナにどう向き合っていくのか?」
様々な人が、いろいろな角度から意見を発表しています。
大学で学んだ経済学をベースに、あなた自身の視点から論じてください。


  1. テーマ:「コロナ VS 日本経済」
  2. A4 10枚以内
  3. 審査員:キタン会員
  4. 賞金:キタン会賞 10万円 1名      奨励賞   3 万円 10名
  5. 応募資格:2020年12月14日に、名古屋大学 経済学部生であること。 *原則 個人での応募とします。
  6. スケジュール:2020年12月14日(月)募集開始~2021年3月19日(金)締め切り
    ※以下をデータとともにキタン会事務局に、メールで送付してください。
    ・氏名
    ・学年
    ・ゼミに入っていれば、ゼミ名
    ・確実にコンタクトできる連絡先(メールアドレス、携帯番号)
    【キタン会 <kitankai@crux.ocn.ne.jp>】
  7. 審査発表:2021年 5月 7日(金)キタン会HPで発表
  8. 表彰式:2021年6月 @キタンホール in 名大祭 表彰者には、日程が決まり次第、ご連絡します。